交通事故

いやあびっくりです。交通事故が私の目の前で。踏切渡って直ぐの交差点、踏切の反対側は三叉路、大学も近くにあり、人通りも多い。私は車で線路と並行の道を渡ろうとしていた。そのとき、右側に女の人が倒れていた。あたった瞬間は見ていない。えっ!直ぐに車を降り駆けつけた。女性の腕から血が、手首が変に曲がっているように見えた。「救急車!救急車!」私が大声を上げた時、佐川急便の方が携帯で事故のおきた場所の説明をしながら近づいて来た。いち早く119に連絡してくれているらい。オロオロするだけの私とは大違い。流石にプロのドライバーだ。

救急車が来るまで、またオロオロするばかり、私がやった事といえば、自分の車を、じゃまにならない場所に移動しただけ。

10分程で、救急車がやってきた。直ぐにパトカーも。これ以上ここにいても役にたちそうも無く、迷惑になってもいけないと思い、その場を離れた。かるい怪我ですんでくれる事を願うばかりです。

TOTTA