笑顔の記憶

ある日の公演。S先生の紹介で実施の運びとなった。S先生は、私の娘が20年前に保育園でお世話になった先生だ。当時の園でも、公演をやってもらった。再び声をかけていただき、すごくうれしく思った。感謝感激なのだがS先生の顔が思い浮かばない。当時の先生方の顔が何人か浮かぶのだが、あれ?名前と顔が一致しない。まあ当日お会いすれば分かることだし。ん〜わくわく。

当日「おはようございます。よろしくお願い・・・・」あれ?S先生?だれ?目の前にいる方がS先生?頭の中を記憶がぐるぐる回る。だが、誰だか分からない。そんな馬鹿な。何か大きな勘違いをしているのか?いよいよ来たか、ボケ?!「あははは、じゃ準備始めますね」何とかその場を取り繕い本番へ。

子ども達の笑い声。いいね、いいね。だんだん和やかになる会場。いい感じ。その時S先生が笑った‼︎あっ、S先生だ。何だS先生じゃない。20年前と同じ笑顔だ。一気に20年前のS先生の顔が思い浮かんだ。なんという私の記憶力のいい加減さ。自分でも呆れてしまうほどだ。

あ〜、私の脳は、『笑顔』で、その人の事を記憶しているようだ。何か大発見をした気になった。                              TOTTA